物忘れの状態改善をする|脳の回転率アップ

Medicine

物忘れに対する取組

中高年になると若者世代に比べて色んな機能が低下する傾向があり、その中で物忘れという記憶力低下が発生することがあります。そこで、一般的に物忘れを予防させる方法には何があるのかをかんがえてみましょう。物忘れの予防や改善を行うための方法の流れとして、出来るだけ日光を体に浴びさせるということがあります。もう少し詳しく内容を説明していくと、日光を浴びることによってセロトニンという脳内ホルモンを増加させることが出来ます。方法としては朝軽いジョギングやウォーキングをするだけでも良いため、平日仕事で忙しい方でも気軽に行うことが可能です。少し早起きするだけで良いので、まずは5分などと時間を決めて取り組んでみてはどうでしょうか。

一般的に中高年になると記憶力が低下してくる傾向があり、60代以降になると定年退職する年代もあるためより悪化することがあります。そのようなことを予防する策として、国で推奨されている物忘れに対する取り組みがあります。定年退職した後は仕事をする必要がなくなりますが、そこで趣味などを初めて体を動かす習慣を付けることがあります。体を動かすことによって脳の血液量が増加するだけでなく、色々と自分自身で考えることが多いため記憶力が低下しにくくなります。また、ストレスが蓄積させると集中力が低下する傾向がありますが、これについてもカラオケなどで発散させることが可能です。このように物忘れの改善は、日常の何気ない簡単な取り組みで対処していくことができるので、負担のかからない程度に少しずつ始めれば良いのです。