物忘れの状態改善をする|脳の回転率アップ

Medicine

普段から対策をする

必要な栄養とサプリメント

現代では様々な体の不調や悪影響への対策を施す必要性があり、その中でも対策が不可欠と見られる症状の1つに、物忘れが挙げられます。 物忘れを引き起こす原因の1つとして、栄養バランスの乱れが挙げられています。栄養バランスの乱れによって、脳の機能に必要な栄養が不足した結果、物忘れに繋がる確率が高まるとされます。 物忘れに大きく関わる栄養素とは、脳の原動力となるブドウ糖の他、脳の機能を保つビタミンB群、記憶力減退と動脈硬化防止に繋がるオメガ3系脂肪酸、抗酸化作用を持ち血液循環を良好に保つビタミンC・E類などが挙げられます。 こうした栄養素を十分に取り、脳の機能を維持したり栄養を運ぶ血流を正常に保ったりする事で、予防に繋がると言われています。オメガ3系脂肪酸や各種ビタミンに関しては、食品から摂取するだけでは不足しやすいケースもあり、サプリメントによる摂取も有効だとされます。

物忘れの仕組み

そもそも物忘れとは、人間の記憶機能を大きく分けた記銘・保持・想起のうち、想起の段階での問題が起きている事を指した言葉だとされています。 記銘は覚える事、保持は記憶を保管する事、想起は記憶を思い出す事を指した言葉であるため、厳密な意味での物忘れとは、記憶を思い出す段階での難がある事を指しています。 思い出すという作業は脳の働きの1つであり、栄養バランスに何らかの異常があれば、この作業に必要なエネルギーが不足する事に繋がるため、物忘れの原因になる、と考えられる様になったとされます。 また睡眠不足や飲酒喫煙、ストレス過多などの場合も、血液の循環が阻害される事で脳の働きが低下し、物忘れリスクが高まるとされています。 したがって、記憶を思い出す作業に関して何らかの支障を感じた場合は、食事をはじめとした日ごろの生活習慣を見直す事も不可欠となります。